注目の新刊

7/5【注目の新刊】清水浩司『愛と勇気を、分けてくれないか』

『愛と勇気を、分けてくれないか』 清水浩司/著 小学館 【コメント】80年代後半、広島市民球場が、デビューしたばかりのユニコーンが、確かに息づいていたあの日。ひとりの転校生が、美少女に心を射抜かれた瞬間、それは始まった。…

» 続きを読む

7/4【注目の新刊】佐藤愛子『女優万里子』

『女優万里子』 佐藤愛子/著 小学館 【コメント】時は大正二年―当時まだ珍しかった聚楽館の養成所女優となるも、周囲からは色眼鏡で見られ、鳴かず飛ばずの日々が続いていた横田シナ(後の女優・三笠万里子)。だが、作家・佐藤紅禄…

» 続きを読む

7/3【注目の新刊】津村記久子『ディス・イズ・ザ・デイ』

『ディス・イズ・ザ・デイ』 津村記久子/著 朝日新聞出版 【コメント】好きなものが、どんな時も自分たちを支えてくれる。22のチーム、22の人生。  

» 続きを読む

7/2【注目の新刊】山崎ナオコーラ『偽姉妹』

『偽姉妹』 山崎ナオコーラ/著 中央公論新社 【コメント】私、お姉さんたちとは別に、姉妹になりたい人ができたの――まったく新しい家族のつくり方を模索する、山崎ナオコーラのポップで自由な家族小説! あるとき3億円の宝くじが…

» 続きを読む

7/1【注目の新刊】千早茜『正しい女たち』

『正しい女たち』 千早茜/著 文藝春秋 【コメント】セックス、結婚、プライド、老い…。話題にしにくい、でも最大の関心事。その正しい姿をモチーフに描かれた、覗き見したい物語。  

» 続きを読む

6/30【注目の新刊】蛭田亜紗子『エンディングドレス』

『エンディングドレス』 蛭田亜紗子/著 ポプラ社 【コメント】「私の人生最後に着る服は、私がつくりたい。」再生のその先の成長を描く、いつまでも心に残り続ける感動の物語。  

» 続きを読む

6/29【注目の新刊】長岡弘樹『道具箱はささやく』

『道具箱はささやく』 長岡弘樹/著 祥伝社 【コメント】資産家の娘・早百合に意中の相手がいるのか。調査を依頼された探偵の木暮と菜々は、最後の候補者と早百合がスクランブル交差点ですれ違うよう仕向ける。だが、その寸前に、なぜ…

» 続きを読む

6/28【注目の新刊】織守きょうや『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』

『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』 織守きょうや/著 幻冬舎 【コメント】大ヒットシリーズ『記憶屋』の著者が放つ、世にも切ない「初恋×吸血」ミステリー! ちりばめられた精巧な伏線の数々に、あなたはきっと何度もダマされ…

» 続きを読む

6/27【注目の新刊】阿刀田高『怪しくて妖しくて』

『怪しくて妖しくて』 阿刀田高/著 集英社 【コメント】黒髪の美しい、不思議な女の後を追って…「黒髪奇談」。暗い土蔵のなかに捨て置かれた鏡、その中で蠢くものは…「鏡の中」。同じ夢を見る。他人には言えない秘密を持った日には…

» 続きを読む

6/26【注目の新刊】花村萬月『ニードルス』

『ニードルス』 花村萬月/著 KADOKAWA 【コメント】都内随一の偏差値の低さを誇る高校で退屈な日々を送っていた伊織は、同級生の針生とともにロックバンドを組むことに。“ニードルス”のボーカルとして針生の天性の「声質」…

» 続きを読む

« 古い記事 新しい記事 »